「ルナティックDEStiNy」私的解釈

※まだ途中なのですが考えても考えても深すぎて終わりがみえないので思いのまま書きなぐったまま投下します。

(都度書き足していきます)

 

※ご注意※ 

・考察といいつつ妄想混じりの拙い文章です

・シャインの性格を「分別のつかない子どものようなよく言えば自信家でピュアな人、悪口いえば驕りある自分勝手な人」と勝手に解釈しています

 

 

タイトル「ルナティックDEStiNy」

ルナティックは「狂気じみた」という意味を持つ単語。タイトルからルヰの狂気の歌であることが明白。

 

 

青い花びら 月明かり」

青い花びらはシュワルツローズ(青い薔薇がシンボル)
月明かりはルヰのシンボル。青い花びらが舞うシュワルツに月明かりと共に降り立った如月ルヰとても絵になる。ルヰがシンに近づくためにシュワルツにやってきた情景を表現しているよう。(ルヰと月明かりだと河原のシーンの方が印象的だとは思います)

 

「君のイノセンス辿ってきた」
ここでいう「君」はもちろんシン(シャイン)のこと。
イノセンスは複数意味があるので代表的なものを取り上げてそれぞれの解釈をしてみます。
イノセンス意味
①無罪、潔白
後述の歌詞と照らし合わせるとルヰはもちろんのこと、シン(シャイン)も何かしらやらかしてると思われるので無罪、潔白は当てはめにくい

②純潔、純真
純粋にプリズムショーに思いを馳せる今のシンのショースタイルを表現しているのではないかと。
また、シャインもプリズムショーに関して純粋に楽しんでいたのかもしれない。(私的なシャインのイメージは子どもっぽくて直情的な性格というイメージがあります。ユウのような一面がある男性を思い描いています。)そういった意味では歌詞に合うのではないかと。

③無邪気、天真爛漫
②同様、シン(シャイン)そのもの、という感じですね。

 

「また出逢えたのは~重なる」
言葉の通り、シンとルヰの出会いは偶然ではなく必然的な出来事だという明示。

 

「神話になろう」
2パターン考えました。
①永遠になろう(なりたい)という言葉の暗喩(言い換え)
②プリズムスタァとして伝説的な存在になろう

ただ、ルヰがあっさりとヒロに勝利を譲ったことから考えると②の可能性は低いかと思います。スタァとして伝説になるには勝利は必須のような気がするので。

 

「そのバイオレンス 吸い付くして」
バイオレンスは二通り意味があったのでそれぞれ解釈していきます。

①暴力(的)

よく使われる意味はこちら。

 

シャインのもの(シンの中にシャインは息づいてると思えばシンのもの)
※バイオレンスの意味、激しさ、強烈さもある
吸い付くすことでバイオレンス的な部分をなくしたいのかな

 

「君はすりガラス 心まで透けて見えるよ」
これはシン(シャイン)が分かりやすいという人柄を表す意味にもとれます。

ですが、あくまでルヰの視点を通した詞なので「シン(シャイン)のことなら手に取るように何もかも感じることができるよ」という気持ちが歌われている方が強いような気がします。

 

「燃えるような 渦巻くような」
燃える、というのは真っ直ぐ、明るい、情熱的といったプラスのイメージ。
渦巻くというのは何か悪い予感を彷彿とさせる。この言葉を2つ並べることでルヰの「殺したいほど愛してる」「愛しく憎い」といった相反する2つの感情を更に強く意識させている。

 

「1000年の時 翔けぬけて
解き放たれたのさ」
ルヰがシンの前に現れたことで(1000年の時空を超えて)解き放たれていそうなこと。それは、シンのスタァとしての煌めき(うなじの三日月型の痣とリンク説が濃厚)ではないか?これ以外にしっくり来るものが思い浮かばなかった。

 

「過ちもすべて置いてゆくよ」
ここで指す過ちは一体何なのか?誰のものなのか?
考えられるものを列挙します。
①シャイン(シン)の過ち
キンプラ内でのりんねの発言からシャインがショーをすることは良くないことであるのは明白。
シャインが使者だという明確な情報はないうえに仮に使者ならなぜりんねと二人でいる?と疑問点が更に浮かびますが、シャインがショーをすることは十分過ちに値しそう。

②ルヰのもの
ルヰは使者なのにキンプラ内でがっつりショーをしています。頂点にはたっていないけれど、フェザーを折ったことも含め過ちに値する。
また、シンをただの人間という括りにいれるのであれば彼に想いを寄せていることも過ちなのでは?

りんね(ルヰ)のもの
恐らくシャインに惚れていたりんね
仮にシャインが使者だとして、使者同士が恋に落ちるのは良いのか悪いのか…もしかしたら過ちになるのかもしれない。
また、シャインと心中したこと。相手の気持ちを問わずに葬った(この辺りは明確にされていないので私の妄想)というバッググラウンドがあればやはりこれも過ちなのではないかと思います。

過ちの種類とその所持者は可能性が数多くありますがそれを「置いていくよ」というのはどういったことなのかは分かりませんでした。

 

「流転の海で」
流転の意味大きく2つありました。
①移り変わってやむことがないこと。

②生まれ変わり死に変わって迷いの世界をさすらうこと。

今回は確実に②の意味だと思われます。
生まれ死に変わり世界をさすらう、今のルヰの状況そのままです。
しかも更に鳥肌のたった事実。流転の類義語は輪廻なんです…

 

「愛しさと憎しみ」
憎しみ、と明言されたことでルヰが私怨からシンを殺そうとしている可能性。
当初から「ルヰの目的はシンを殺すこと」とはっきり使者としての目的を放置して私情に走っているのは明確でしたがその事実が更に強化されている。また、シンを殺すことは世界の均衡を保つためかとも思っていたのですがどうやら私怨の線がありそう

 

パラドックスの狭間で」
パラドックスは逆説の意味。ジレンマの意味として使われることもある。どちらにせよ「2つの相反する事柄の間で板挟みになること」
ルヰの場合愛しさと憎しみの間で板挟みになっている。

はじめてのキンプラと応援上映

キンプラ、2周してきた。それでもまだ足りない、もっと、もっとキンプラを…みたい…

同じ映画を2度みる経験なんてなかなかなかったので感想をまとめることにした。

 

※注意事項※

※ネタバレしかありません!!
※この記事ではキンプラ1周目、キンプリ視聴済み、プリリズRL未視聴の視点で感想を書いております。
※当方、腐女子でルヰ推しですのでそういった感想もございます

 

OKな方のみご覧下さい。

 

 

 

 

 

ぶっちゃけキンプリのカオスな祭り感が好きでキンプラもほんの軽い気持ちでヤンホモヒロ様とコウジやシンルヰを拝みつつ祭りを堪能したかっただけなのだ。

近所のローカルな祭りに行く気分だったのである。


とりあえず1週目はキンプリの復習を行いサイリウムと挟みやすいコールを覚えるという何とも素人丸出しの覚束ない状態で挑んだのである。(だってローカルな祭りだもの)

 

パネルにwktkするオタク


f:id:nananenkusaru:20170709223548j:image

 

キンプラスクリーンからでてくるエリート様、みんなやりきった感が出ていた…やりがいある仕事を終えた職人の顔をしていたのだ。
益々、キンプラへの期待が高まった。

 

エリートでもないのに最前列を確保するオタク(人気すぎて当日は前列5席程度しか空きがなかった)
ヒロ様のなりきりうちわをもらってウキウキ、気分は幼女である。

 

初めての応援上映にそわそわが止まらない。
場内が暗くなった瞬間、エリートたちの空気が変わった。
事前に言っておくが、まだまだ本編は始まらない。予告の段階である。
予告が始まるとコールや悲鳴が止まらない。
言っておくが、キンプリとは全く関係のない予告である。
映画泥棒の部分に差し掛かると待ってましたとばかりに場内が真っ赤に染まった。重ねて申し上げるが、映画泥棒は本編ではない。

 

そんなこんなでエリート様たちのガチ度を思う存分に見せつけられた。(まだ本編前である)

 

そしていよいよ、シンくんがスクリーンにうつる。
より一層高まる歓声。

 

「みんなに言いたいことがありまーす!」

「「「「「なーにー!!??」」」」」

 

この辺は予習済み。応援上映基礎中の基礎である。思いきって声をあげる。場内の一体感が何とも心地よい。
注意事項に間延びある返事を返す姿はまるで園児である。

 

心の中はずっとざわついているわけだが、prideのイントロと我らがルヰ様が映った瞬間、思わず叫んでしまった。よかった…応援上映でよかった…
事前にルヰ様の映像は配信されていた訳だがまさか一番手とは思わなんだ…
腐るほどみた映像だったが、劇場でみるのは印象が全くもって異なった。何よりライブ感。大きな(スクリーンに映る)ルヰ様。

 

「究極アイドル、アイ・ラブ・ユー 僕をあなたのものにしてぇ…」
無理、ルヰ様、むしろ私のものになってくれ…
文面では全く伝わらないが「究極アイドル」の「アイ」にアクセントを置いているのが大変可愛らしいのでぜひ映像でみてほしい。(きいてほしい)

 

その後はもう怒涛である。この怒涛さはキンプリ同様。
キャラクターたちの過去やらエーデルローズ生の今後の指針が音楽と共に流れていく。

 

個人的にCRAZY GONNA CRAZYが昇天するほど素晴らしかった。…よろしくお願いします。
名曲は年代を超えても名曲だったし、シンルヰのプリズムの煌めきにただただやられた。
三大合同修羅場ということで、シンルヰ、ヒロコウジ、カヅキと各所で修羅場が繰り広げられるのだが脳が追い付かなくて「やべえとこにきちまった」という感想しか舞い降りてこない。語彙の昇天である。ここだけでも1600円元がとれてしまうのでみてほしい。(特にシンルヰとオバレに推しがいる方)

 

その後は高田馬場ジョージGSによる「LOVE♥️MIX」
どこかできいたことあるぞ??と思ったらプリリズシリーズで既に披露されていた楽曲で帰宅して調べて興奮したのも懐かしい。

初見ではジョージの可愛さにCV杉田智和とはしらずそのままジョージパートが終了していた。新キャラのはずなのに既に手厚いファンがいて歓声が大きかった。

 

その後はまってました!EZ DO DANCE
前回も披露した楽曲の為、今回もやることに関して期待はしていなかったのだが定番で盛り上がる曲がきてテンアゲである。
その上、今回はカヅキに憧れを抱くタイガがアレクとバトル。胸熱…
毎度思うのだが、EZ DO DANCEのパートは女子向けとは思えないほど熱くて男くさい。(良い意味で)
プリキュアよりも戦隊ものや特撮もののそれを感じる。

 

次はカヅキ先輩のFREEDOM
拳を掲げあげながらアカペラで歌う姿はこの地に舞い降りた戦士だった。神々しさを感じる。
アレク(とタイガによって)ズタボロにされた会場が徐々に修復されていくのだが、その演出にさえプリズムの煌めきを感じて心が踊る。
最後には炎を灯し開会宣言。やはり彼はスタァの中の戦士であった。(???)

 

そこからシンくんがOver the Sunshineを披露する。
今回のステージではオバレの支えがない。その状態でもキラキラしたステージを届けるシンくんの姿をみて本当に彼はスタァになったのだなぁと感慨深く感じた。
私のようにキンプリから入った人間でも前作と同じ曲ということもあり、コールが打ちやすかったのではないだろうか?
プリズムラッシュで観客席を滑っていくシーンでは各所から「シンくーーん!!!こっちにもきてえええええ」という声がきこえた。(勿論私も叫んだ)

 

その後は私の死亡案件である。
ルナティックDEStiNy
ルヰ様の新曲である。
ポールダンスを披露する2次元アイドルがかつていただろうか?
自分で召喚したであろう赤いポール(シンをイメージ?)で華麗に舞い踊る美少年…ユニセックスな白の衣装が閃き劇場内の全ての人間がルヰ様の虜であった。
演出もさることながら楽曲もかなり良いもので胸が締め付けられた…サントラが待ち遠しい
また、この楽曲ではルヰのシンへの思いが綴られる。歌詞にその思いが反映されているので耳にも緊張感をもって味わいたい。

 

ルヰはどうやらprideを披露するつもりだったらしいが、シン達のショーをみて気持ちが変わり、オリジナルの持ち歌をパフォーマンスしたようだ。確かにこの曲はルヰにしか歌えないだろう。

 

最後は絶対アイドル、我らがエーデルローズのスタァ速水ヒロのprideである。
「どうせprideでしょー?」ヒロ様を見くびらないで頂きたい!イントロでprideだと分かったのは恐らく会場でただ一人、法月仁だけだろう。
アレンジされたprideはキングの風格に相応しかった…
その上ヒロ様、オバレを自ら召喚してしまう。具現化系の使い手もびっくりの完成度である。

 

「アイアム キング!! オブ プリズム」
気持ちはスタンディングオベーション
私たちはあの日キング速水ヒロの前にひざまづいたのである。

 

EDは前作とは異なりノリノリのナンバーである。
EDは流れる映像に注目してほしい。処理しきれないほどの情報が詰まっている。

 

最後はみんなでReady Sparking!!

 


【全体を通して】
前作よりも内容の密度が濃く、処理が追い付かなかった。
また、RLを見ていない者にとってははてなマークが浮かぶところが多々あるだろう。(全作は作中にRLを復習できるような説明が多く話がわかりやすかった)
とは言え、楽曲演出共に素晴らしかったと思う。特にCRAZY GONNA CRAZYはミュージカルをみているような新鮮さと疾走感があった。気づかぬ間に場面転換が行われるというのは作品にのめり込めた何よりの証だろう。
とはいっても自分が予期せぬところで歓声があがっていたのは悔しい…きっとプリリズRLに謎が隠されているのだろう
もっと予習を詰めなければ…初めての応援上映は楽しく悔しいものに終わったのであった。

 

 


最後に…
「地球は黄色かった」